「このサイトはPCからの閲覧を推奨しています」

SIRIUSとの出会い

KAGOME@ROOMをご訪問頂き、ありがとうございます。

私たち家族は2013年11月中旬、UFOと呼ばれている

「シリウスプラズマ知的生命体」と遭遇しました。

 

最初の頃は偶然の遭遇だと認識していましたが、次第に数が増え、遭遇から1か月が過ぎた頃より、SPのように行く先々でシリウスが付帯する環境となりましたが、遭遇から3か月を過ぎた2014年2月より、神社、カラス、狛犬、、、

神話にまつわる不思議な体験がはじまりました。

 

発端は2014年1月11日夕方でした。

 

 

 下写真は、二男が遭遇した場所

シリウスufoが病院の壁から飛び出してきたシリウスuf@
上写真は2014年1月10日松戸2Fベランダに飛来したシリウスUFOと同じタイプ
下写真は本物の自衛隊機

仕事から帰宅途中の二男が 病院の壁から飛び出してきた迷彩柄の「航空自衛隊機」に遭遇し、彼らの誘導で後をついていくと、そこは松戸の家から徒歩20分ほどの場所にある「香取神社」でした。

 

帰宅した二男より経緯を聞き、翌日、Googleアースで「香取神社」を上空写真に切り替え眺めていた処、今にも鳥居から飛び出してしまいそうなポーズの「狛犬」が映り込んでいました。

 

 Google航空写真 二男が誘導された神社

十数年もの間、初詣にも行かない不信人だったので、ご先祖様がお怒りなのではないか、何かのサインではないかと考え、2014年3月下旬、神社に詳しい霊能者の方に見ていただきました。

 

「二男を守護している狛犬があなた(私)を必要な時に必要な場所に導く役割をもっている」フリーターなどの仕事に就かせ身軽にしておくようにとアドバイスを受けましたが、霊能者には、シリウス(UFO)との遭遇や、狛犬の事など話していなかったのでとても驚きました。

 

 

 

 

 福知山

同年5月、義母の療養で実家である九州に帰省した時、二男を介し、とある「龍神系神社」に誘導されました。

1日に人一人訪れない隠された場所にありましたが、荘厳な空気とお社に相反する可愛いらしい狛犬が気に入り毎日お詣りしていました。

 

 

 

 

 

 狛犬の位置が通常とは反対=向かって左(阿) 向かって右(吽)

 

 

この頃より、女神、、、そして かごめの詩が気になり、神社の長い階段を昇降しながら口ずさんでいましたが 九州滞在中、毎日のように神社を中心に不思議な体験があり、神々に強く導かれていると認識するようになっていました。

同年7月11日千葉松戸に帰宅し7月下旬、彼らより香取郡の「一軒家」に導かれました。

 

​ 家の裏山~ここを守るため導かれた

 

 

この家には建主がお身内のために建てられた立派な神社がありましたが、社紋:下がり藤、氏名:鈴木 により熊野神官「八咫烏」ゆかりの家に導かれた事を認識しました。

 

家裏のにある神社の鳥居      社門:下り藤           氏名:鈴木

またその頃、沈む「三日月と星」に幾度も遭遇し、何かのサインではないか?と考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「瀬織津姫」で有名な遠野「千葉曲がり家」の家紋が三日月と星だったので当時、私たちは「瀬織津姫」に導かれているのかもしれないと思っていましたが、その後、導かれた「一軒家」が、妙見信仰(三日月・星)の千葉宗家最後の合戦場となった多古城近くの大原城跡地に建てられている事が解りました。

大原城跡内には、天之御中主神・神社がある事から、私たち家族は、八咫烏 ” により「妙見菩薩ー天之御中主神ゆかりの地に導れたと認識しました。

 

 

そのようなご縁を戴き、2014年10月より現在の棲家での生活が始まりました。

実際住んでみると、家の裏山にはUFOが出入りする亜空間トンネルがあり、松戸と比較し高次元領域が広い事に気づきました。

 

 

 

また、私と家族が眺めている星空は万年、 何十万光年も離れている3次元地球の星空ではありません

これに気づいたのは彼らと遭遇し、まもなくでした

 

 

 

 

 

 

 

私と家族にも常に “プラズマ星” がSPのように付帯しています。

 

 

 

 

 

 

自分自身の「魂」と「肉体」を阻む次元の壁(天の岩戸)が開放された時、

誰もが自分の「魂」と対面する~後ろの正面

 

アセンションとは

 自分自身の天の岩戸(扉)を開くプロセス   

アセンションとは

 後ろの正面~「魂」との対面   

アセンションとは

 「魂と肉体」の融合 

 

神と繋がる「術」は自分の内にあります

神と繋がる「糸」も自分の内にあります

 

 

 

 

 

 

掲載している動画や写真、体験記事が一つでも

あなたの内なる「神」との繋がりに参考になれば光栄です